HOME>アーカイブ>集団指導は勉強が苦手なお子様には向かないシステム

勉強できないのなら個別で指導してもらおう

先生と生徒

自宅で予習も復習も完璧に行えるお子様ならば、日頃の勉強を補う形として、集団指導学習塾に通わせるのもよいでしょう。勉強の癖がしっかりとついているので集団指導学習塾でも期待通りの結果を得てくれるはずです。しかし、予習も復習も苦手で勉強のペースも分からないお子様の場合は、集団指導学習塾は無駄になってしまう可能性があります。それは、勉強せずに参加しているだけでも、指導時間が過ぎ去ってしまうからです。もしも、お子様が勉強を苦手としているのなら、道筋もしっかりと考えてくれる個別指導学習塾を利用しましょう。そちらならば、個人のペースで教えてくれるだけではなく、スケジュールも考えてくれるので、勉強のやり方も指導してくれるといえます。

生徒の人数で費用が決まる

授業

個別指導学習塾の費用は、講師に対して何人の生徒が教えてもらうかで、かなり変わるといえます。家庭教師と同じようにマンツーマンで教えてもらえる1対1の場合はかなりの費用になると考えましょう。生徒の数が増える1対2や1対3の場合は、それなりに金額が安くなる場合が多いです。さらに安さを求めるのなら、1対5などの学習塾もありますが、生徒の数が多すぎるため個別指導塾のメリットがかなり薄れることを覚悟しなければいけません。

何回通わせるか決めよう

先生と生徒

個別指導学習塾は集団指導学習塾よりも1回あたりの費用が高いので、週に何回通うかで月あたりの料金がかなり変わります。どの程度通わせるのがよいのかは、お子様の学力によって異なるので、個別指導学習塾にアドバイスを求めたほうがよいでしょう。もちろん、お金に余裕があるのなら、回数を決めずに通わせるのも問題ありません。しかし、通わせすぎは学習意欲を失わせる結果になる可能性もあるので、費用面だけではなくお子様のメンタルのことも考えてあげましょう。

広告募集中